読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

禅自問自答

なにかと考えています。

ホモビが好きなら今すぐノロビを見るべき

趣味
f:id:satellite_ars:20160418224931j:image
 
最近呪われ足りない清水です。厄年っていつだっけ?
今回はざっくり簡潔に書こうと思います。ホモビデオと心霊ビデオの共通点について。要するに、ホモビデオが好きな人は今すぐ心霊ビデオを見ろ!という話です。ほんとに似てるんですこの2つ!
 
なワケが無いだろう、似ても似つかないジャンルだろう、とお思いの方も多いと思うので、今回はホモビデオと心霊ビデオの共通点を洗いながら似ている点や楽しみ方について挙げていこうかなと思います。
以下、ホモビデオのことを「ホモビ」、心霊ビデオのことを「ノロビ」と省略して記述していきます。ホモビ好きならノロビ見ろ!
 
 
目次
 
 
 

1.ホモビとノロビの共通点について

 
とりあえず、ホモビとノロビの似ている所でも列挙していこうかと思います。
 
 

①当人達は至って真面目

 
魁!男塾刃牙シリーズって、あくまで作者がギャグでなくシリアス格闘マンガのつもりで書いているからこそ「シュール」という感覚が生まれ、面白くなっているんですよね。当人が真面目だと、不真面目な視聴者との間に温度差が生まれ、ギャグとして成立するんです。これはホモビやノロビにも言えることで、当人達が本気でやっているから端から見た時に面白さが生まれたりするんですね。後述「暗黙の了解」「低予算」とも若干関連があったりします。
 
 

②パターンがだいたい一緒

 
ホモビにありがちなパターンといえば?無茶な展開からの和姦、一転攻勢、薬を使った昏睡レイプ等…幾つも思い当たるものがありますよね。
ノロビにも同じく、一度霊が映ったら次のシーンでは消えていたり、画面外から映る手や、力が入っている映像は二段オチだったり、投稿者不明映像は撮影者が襲われて終了だったり、敢えて紹介されない霊があったり…といったお決まりのパターンがいくつも存在します。「まーたこのパターンか!」は次第にクセになって、いつしか楽しくなってきちゃうんです。
 
 

③よく見る建物が多く存在する

 
普通のAVにも例のプールがあるように、ホモビにも野獣邸や新宿調教センター等の聖地が何回も出てくることがあります。それらと同じように、ノロビにもいつも使われるトンネルや廃ゴンドラ等のお決まりスポットが出てきます。親近感が湧いてきますよね。ビデオに飽きたら聖地巡りもできる!(迷惑のかかる行動は控えましょう)
 
 

④シリーズが多く出ている 

 
COAT社の超有名ホモビ「真夏の夜の淫夢」は、COAT社が持つ多くのブランドのうちの一つ「BABYLON」から出された34作目の作品なんです。ここから派生して、前後の作品や同シリーズ内の作品も注目を浴び、発掘に至ったケースが非常に多いです。
ノロビも同じく、シリーズ作品が数多く出ています。ノロビ界で一番有名な「ほんとにあった!呪いのビデオ」は現在65巻まで発売されています。これほどのロングシリーズとなるとなかなか他にはありませんが、マジカル社の怨霊映像シリーズや十影堂のいる。シリーズ等は10本以上のナンバリング作品が出ています。映像の傾向や作品の質もシリーズごとに似ているので、好みのシリーズを見つけたら長く閲覧することができますね。
 
 

⑤刺激と不快感

 
基本的にどちらも刺激的な内容ですが、言い返せば「不快感の残る映像」が多く存在しているとも言えます。ヤマなしオチなしイミなし(死語)だったりエログロだったり。そういったものがスパイス程度に入っていると案外ちょうどよかったりしますよね(感覚の麻痺)
 
 

⑥低予算

 
どちらも視聴者数がそれほど多い内容ではないので、必然的に撮影が低予算になります。そうなると奇跡的な役者の演技力の欠如が映像化され、奇跡的にマッチして面白くなったりします。低予算ならでは。
あと、パッケージやタイトルだけやたら面白そうに作られているけど中身は全く関係ない、とかもありがちですよね。一寸先は詐欺。
 
 

⑦暗黙の了解の多さ

 
そもそも睡眠薬にそんな即効性はない!とか言いだしたらキリがないですからね。それは言わないお約束、ってのが面白さを引き立てます。こんなはっきり霊が映るわけねーじゃねーか!とか、この霊だけ映像の画質と違うじゃねーか!とか。みなまで言うな!
 
 

⑧その他諸々

 
言葉にするのは難しいんですけど、ホモビとノロビって根本的な部分がとにかく似ているんです。
これを読んで少しでも興味が湧いてきた人!次項でおすすめのノロビを紹介するので、ゲオなりTSUTAYAなり行って借りて観て下さい。
 
 

2.おすすめ!ノロビシリーズ

 
順番は特に関係ないです。
 
 

①怨霊映像シリーズ

 
マジカル社の定番シリーズ。現在24作目まで出ています。当たり外れの差はあれど、全体的にベターなクオリティに落ち着いているイメージ。総集編も作られているので、初手にはもってこいのシリーズです!
ちなみにこのマジカル社、ノロビ界では最大手かつ高いクオリティを維持しているので、見るものが無くなったらマジカル社のものを借りておけばまず間違いないです。(たまに大ハズレがあったりしますが)
 
 

②いる。シリーズ

 
十影堂エンターテイメント社から出ているシリーズで、現在Vol.15まで発売中、5月に16が出るとか。
このシリーズはあまり怖くないんですけど、毎回シチュエーションに拘った映像がちらほらと入っているのでかなり面白いです。怖くはないけど。
テーマが「日常でたまたま映ってしまった映像」という地味さ一直線なものだったんですけど、最近の映像は結構派手なものが多いです。Vol7〜9らへんがおすすめ。
十影堂エンターテイメントさんはマジカル社に次いで業界で有名な所です。有限会社なんで予算は少ないんだろうなーって映像も多いですが、アイデアが面白くて作品として纏まっているものが結構多いです。(お金貰ってません)
 
 

③ほんとうに映った!監死カメラシリーズ

 
AMGエンタテインメントさんから発売されているシリーズで現在14巻まで発売中。
元々は監視カメラに映った心霊映像を紹介する、といったコンセプトだったんですけど、最近は普通のシリーズと大差がなくなってきています。それでもネタの面白さはピカイチ!怖くはない。
 
 

④闇動画シリーズ

 
現在13巻まで発売中のモキュメントシリーズ。他の投稿モノよりも一本一本が長く、濃厚な内容に仕上がっています。半端なホラー映画見るよりもこっち見た方が100倍楽しいです。そのくらい映像が素晴らしく、緊迫感のある内容。同メーカーの心霊闇動画って名前の似たシリーズは普通の作品ですので、見るなら無印の闇動画がおすすめ。やりすぎな内容のこともありますが、怖さを求めるなら断然このシリーズです。
 
 
以上4作品は普通におすすめです。他にもいろいろあるんですけど、とりあえず最初はここらへん見とけば間違いないんじゃないですかね。
 
 

3.おわりに

 
如何でしたでしょうか。最初は抵抗があってもだんだん面白くなってくる所までホモビと同じなんで、少しでも興味の湧いてきた方は是非DVDを借りてきて観てください。旧作なら100円なんで!是非!(近所のゲオは旧作が150円に値上がりしていたので一生利用しません)
 
はよう霊まみれになろうぜ。
 
 
 
P.S.
ホモビとノロビ、どちらにも言えることなんですけど、本業の人や特殊な思想を持った人を馬鹿にするのはやめましょう。あくまで映像化されているから面白いんです。映像外まで持ち出して批判を始めたらお互い肩身が狭くなっちゃいますからね!